僕は組み立てられるのだろうか

とある知り合いに悲劇が起きた.僕は小さい頃起こったのだけど.実際よく覚えていないのでこの時期に起こったほうがショックは大きいのだなって理解.

旧友「臨時バイト忙しくなりそうだから手伝って」
僕「もう終わっているだろうし体力的に無理」
旧友「まあ冗談だから」
僕「・・・」

なんかまあ冗談だから君が働けるわけ無いじゃんっていわれているようで,なんとなく傷ついた.嗚呼僕はニート一直線なのかなあって悲しくなりませう.

そんな感じだから何かせねばッて思い立って途中下車して買い物・・・無印,ジュンク,,暗黒神話体系軽小説の拍子から出てるオーラにまけて代えなかった.中もテンション高そうだなあって今の僕には無理だって思った.メロンも羅針盤に入ろうと思ったのだけどはやりは今のテンションでは入れなかった.はやりああいったところは苦手だ.